DHAサプリで中性脂肪対策をはじめよう!

DHAサプリで中性脂肪対策を

DHAという栄養素について聞いたことはありますか?よくCMなどで見るのは、「頭が良くなる」というフレーズですが、実際のところ、DHAにはもっとすごい働き――驚きの血液サラサラ効果があるのです!
DHAというのは青背の魚などの脂に多く含まれる不飽和脂肪酸で、常温では固まらずサラサラとしています。そのDHAを摂取すると、血液はサラサラになり、血栓が予防されます。
DHAを摂るとなぜ血液がサラサラになるのか、それはDHAには赤血球などの血液中の成分を柔らかくする働きがあり、血液がスムーズに流れる状態を作ることができるからです。
DHAのスゴイ効果はそれだけではありません。DHAには中性脂肪を低下させる働きもあります。食物から摂取したカロリーを、運動で消費しきれず余らせた場合、肝臓で中性脂肪に合成されて体内に蓄えられます。この時、DHAは肝臓で中性脂肪が作られるのを抑え、また肝臓から血液へ中性脂肪が分泌されるのを抑える働きがあるのです。また、DHAは動脈硬化の原因にもなる悪玉コレステロール値の上昇を抑える働きがあるとも言われています。
そんなDHAですが、摂取しようとすると青背の魚やマグロ、旬の脂ののった魚を食べる必要があります。なかなか魚を食べる機会の無い人だと、不足気味になるかもしれません。また、魚のカロリーや塩分が気になる人もいるでしょう。そういう人はDHAのサプリメントを利用するといいですね。
DHAのサプリメントを摂取する場合は、EPAという別の不飽和脂肪酸が入ったものを選ぶと、相乗効果で血液サラサラ効果がアップするそうですよ。

 

もっと詳しくDHAのことを知りたければこちら!
オメガ3脂肪酸サプリメントの口コミ効果ランキング!

お腹のダイエットなら内臓脂肪を減らそう

平均的な体重、腕や足は普通、なのにお腹まわりだけがポッコリという人はいませんか?それはひょっとしたら、内臓脂肪のせいかもしれませんよ。内臓脂肪がついているかどうかを調べるには、簡単な目安として腹囲を測る方法があります。もし内臓脂肪の計測のできる体重計があれば測定してみてください。
内臓脂肪は生活習慣病の元とも言われる内臓まわりにつく脂肪です。見た目はあまり太っていなくても、ほうっておくと危険な脂肪なので、ダイエットをして減らしたいところです。
内臓脂肪を減らすには、運動で脂肪を燃焼させるのが一番です。とくに下腹部あたりの筋肉と内臓の間についていることが多いので、腰をツイストさせる運動が内臓脂肪のダイエットには効果がありますよ。
まず、足をそろえ軽くひざを曲げた状態で仰向けに寝転びます。頭の後ろで手を組んだら、上半身をゆっくり持ち上げます。上半身は起き上がる必要はなく、頭と肩が地面から浮く程度でOKです。その状態で、両足をそろえたまま、ゆっくりと息を吐きながら左側へ倒します。45度くらい倒したら、息を吸いながらゆっくりと両足と頭を戻します。同様に反対側にも倒します。これを左右5回ずつを1セットで行います。腹筋がどうしてもつらいという人は、上半身は地面につけた状態で、足だけ倒す運動からすたーとしてもよいでしょう。
腰まわりの筋肉や腹筋を使う運動を続けることで、内臓脂肪をエネルギーとして使うことができます。ゆっくりとした動きのエクササイズは有酸素運動となり、脂肪を効果的に燃焼することができます。お腹まわりが最近気になって……という人は、腹筋や腰を使ったエクササイズ運動を日常生活に取り入れてみてください。

内臓脂肪ダイエットにはお酢!

内臓の周囲につく内臓脂肪は、糖尿病や高血圧、動脈硬化など生活習慣病を引き起こすと言われています。内臓脂肪レベルの高い人は、健康のためにもダイエットで内臓脂肪を落とした方が良いでしょう。
内臓脂肪細胞で脂肪が分解されると、そのうちの遊離脂肪酸は血管を通って筋肉や肝臓に運ばれ、燃焼してエネルギーとなります。この時の肝臓での脂肪の代謝を助けてくれるのが、「お酢」です!お酢の主成分である酢酸は、肝臓内の脂肪燃焼に関わる酵素を活性化し、脂肪燃焼を助ける働きがあるからです。
一時期、酢大豆ダイエットという酢につけた大豆を食べるダイエットがはやったことがありました。これにも根拠があって、大豆には必須アミノ酸が多く、肝臓の修復や再生に必要な栄養素が含まれています。また、大豆は良質の植物性タンパク質を多く含み、低カロリーでもあってダイエット向きの食品と言えます。酢大豆の味が苦手という人は、別々に食べてもいいでしょう。
ところで内臓脂肪のダイエットのためには、どれくらいのお酢をとったら良いのでしょうか。お酢メーカーの研究によると、内臓脂肪の減少には1日大匙1〜2で効果があると実証されています。お酢は酢の物や煮物など、料理に使うことが多いですが、直接飲む人もいます。お酢をドリンクとして直接飲む場合は、原液のまま飲むと食道や胃を荒らすことがあるので、5倍程度に薄めて飲むと良いそうです。
ただし、お酢には食欲増進効果があるため、ダイエット中の人は食事の前には飲まない方が良いでしょう。お酢には血糖値上昇を抑制する効果もあるので、食事中の前半に摂ると、ダイエット効果がさらにアップしますよ。

メニュー